TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

ヤナバスキー場前 大糸線

(2009年6月16日作成,2009年6月27日最終更新)

JR線 大糸線(松本〜南小谷)へ戻る


大糸線 ヤナバスキー場前 2008年1月6日 NikonCoolpix2500

 文字通り駅前にある「ヤナバスキー場」へのアクセスのために国鉄末期の1985年12月に開業した臨時駅.スキー場がオープンする12月から3月まで列車が停車する.

 写真は駅舎で,線路の東側(ヤナバスキー場側)に建っている.(2009年6月16日記述)



大糸線 ヤナバスキー場前 2008年1月6日 NikonCoolpix2500

 駅の営業期間中は常備乗車券を購入できるのだが,訪問当日は無人で窓口も閉まっていた.しかし,写真右に写っている「切符販売中!/リフト券売り場でもお買い求めいただけます.」と表示されていたため,ヤナバスキー場のリフト券売り場で聞いてみたところ,「これから駅に行くので,駅で待っていてください」と言われた.(2009年6月16日記述)



大糸線 ヤナバスキー場前 2008年1月6日 NikonCoolpix2500

 しばらく駅で待っていると,切符類が入った箱を携えたスキー場職員と思しき人が駅舎内の「きっぷ売場」に入り,切符販売を開始した.写真は乗車券を買い求めるボーダー.「ヤナバスキー場前」という8文字にも及ぶ駅名が入った常備軟券が購入できる.(2009年6月16日記述)



大糸線 ヤナバスキー場前 329M 2008年2月23日 NikonCoolpix2500

 ヤナバスキー場前駅を発車する南小谷行き.この列車と折り返しの1538Mはこの区間で1日唯一の115系運用となっている.撮影した2007年冬シーズンからリフト券を1日1000円(ナイター券も1000円)に大幅値下げして集客を図ったため,その横断幕がホーム手すりに大々的に掲出されている.(2009年6月27日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system