TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

北千住 JR常磐線・東京メトロ・東武・つくばエクスプレス

(2009年1月29日作成,2011年4月8日最終更新)

JR線 常磐線(上野〜取手)へ戻る

(東武鉄道 伊勢崎線へ戻る)

東京地下鉄 千代田線へ戻る

(東京地下鉄 日々谷線へ戻る)

首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレスへ戻る


東京地下鉄 千代田線 北千住 2007年7月28日 NikonCoolpix2500

 地下1階にある東京地下鉄とJRの中間改札ラッチ.金属製のラッチが並ぶが,集改札,乗車券・定期券拝見は終日まったく行われていない.正面の階段を登るとJRの地上ホームに上がれる.(2009年1月29日記述)



JR常磐線 北千住 2007年7月28日 NikonCoolpix2500

 常磐緩行線の千代田線乗り入れ,北千住〜綾瀬間の二重戸籍区間など,複雑を極める列車運転を行っているため,「うしろの改札口」「7・8番券売機」など,はじめて訪れた人にはワケが分からないことが書いてあり,そして最後には「*お急ぎのお客さまは,着駅で精算してください」という解決?に至っている貼り紙.(2009年1月29日記述)



東京地下鉄 千代田線 北千住 2007年7月28日 NikonCoolpix2500

 前々掲の千代田線〜JR常磐線中間改札のJR側に設置されているエスカレーターの入口部分.壁面のレンガ模様が東京駅横須賀・総武線電車ホームを連想させ,いかにも国鉄チックである.頭上の「エスカレーター入口」看板と,写真右下の看板はこれも国鉄時代から設置されていたっぽいオーラを放っている.一方,右上の1,3番線案内看板は,ローマ字が小文字主体となっていることなどからJR化後に設置されたものらしい.(2009年1月29日記述)



常磐線 北千住 2010年12月12日 Nikon Coolpix S600

 JR常磐線の3番のりばから上野方を見た写真.左は東武伊勢崎線のホームで,東武とJR3番線間にはさらに1線増設できるスペースが確保されていた.(2011年4月8日記述)



常磐線 北千住 2010年12月12日 Nikon Coolpix S600

 JR常磐線の2番のりばから上野方を見た構図.2番線はいわゆる「中線」構造となっており,上下両方向の列車ともに着発に使える.右の1番線は下り線.(2011年4月8日記述)



常磐線 北千住 2010年12月12日 Nikon Coolpix S600

 JR自動券売機頭上の運賃表.常磐線北千住〜亀有間にある綾瀬駅の駅名も運賃も載っておらず,「綾瀬は,地下鉄千代田線のりばの券売機でお求め下さい.」という案内がある.JRの改札から千代田線ホームへは通路が繋がっているため,実際のところ北千住から綾瀬までの大人普通運賃である130円区間のJR片道乗車券を購入してJR改札を入り,地下の千代田線ホームへ降りて綾瀬で下車することは可能だが,JR東日本側は両駅相互間の乗車券に関しては東京地下鉄の券売機で購入するように「案内」をしていた.(2011年4月8日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system