TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

岩船町 羽越本線

(2008年7月24日作成,2008年12月6日最終更新)

JR線 羽越本線へ戻る


羽越本線 岩船町 948M 2002年9月12日 OlympusCAMEDIA C-360L
 島式ホームの岩船町で列車交換のため停車する948M.6分ほど停車して,発車は20:48だった.交換相手の下り列車は,快速「ムーンライトえちご」の村上送り込み快速の3945M.3945Mは岩船町を通過していく.
 写真はホームの秋田方から撮ったものだが,この辺りは砂利敷きとなっており,雑草がかなり繁っていた.カメラをローアングルで構えたところ,マンガ「トーマの心臓」冒頭付近の見開きページのような構図となった.写っているのは115系3両+3両の6連.


羽越本線 岩船町 (左)・931M (右)・2006M 2002年12月21日 OlympusCAMEDIA C-360L
 左の115系は村上行きで,終点は次駅だが,岩船町で上り特急「いなほ6号」と行き違いのため3分ほど停車した.


羽越本線 岩船町 1928M 2003年1月27日 NikonCoolpix2500
 岩船町7:29発の普通上り列車.編成には新前橋所から借り入れていた115系湘南色の3連が組み込まれていた.雪景色に湘南色が映える.


羽越本線 岩船町 1928M 2003年1月27日 NikonCoolpix2500
 1928Mは115系3連+3連の計6両で運用されていた.新前橋の湘南色+ブルーの新潟色(115系としての3代目新潟色)によるコンビネーションが展開.新前橋車の車番は,村上方よりクハ115-1028・モハ114-1038・クモハ115-1028.


羽越本線 岩船町 1928M 2003年1月27日 NikonCoolpix2500
 行先は越後線内野駅.電動方向幕も新潟支社管内の幕に換装されていた.


羽越本線 岩船町 940Mより 2005年12月26日 NikonCoolpix2500
 岩船町停車中の上り普通列車から新潟方面を見たところ.電車の左脇には退避側線があり,定期の貨物列車のうち,この待避線に入るダイヤも設定されていたが,12月25日に上り特急「いなほ14号」が最上川橋りょうから落下した事故があり,羽越本線の貨物列車が全休していたため,待避線に入る列車がなくなり,除雪もされずにレールは雪に埋もれていた.

 写真奥の出発信号機は生きており,一番上の「出発」現示が940Mに対するもの,その左下が前述の退避側線用,右下が駅舎側の1番線ホームからの上り出発信号.


羽越本線 岩船町 2007年3月3日 NikonCoolpix2500
 平屋建て,モルタル造りの駅舎.越後線の越後赤塚駅舎が酷似している.


羽越本線 岩船町 2007年3月3日 NikonCoolpix2500
 左のシャッター部分がかつての出札窓口.1998年5月の訪問時には委託職員が居り,車内補充券発券端末で乗車券を販売していて購入した記憶がある.頭上の運賃表だが,100km以内の近距離券のみが表示され,遠距離表示は白く塗りつぶされている.2007年現在,近距離乗車券は券売機で購入可能.


羽越本線 岩船町 2007年3月3日 NikonCoolpix2500
 地元ではこの駅は「いわふねまち」とは呼ばず,ほとんどの場合,「いわふね」や「いわふねえき」と呼んでいる.このように駅名の末尾に付く「町(まち・ちょう)」を省いて呼ぶ例として,名古屋鉄道豊川線の諏訪町(すわちょう)が「すわ」「すわのえき」と呼ばれており,共通性を感じた.


ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system