TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

能生駅 (JR西日本北陸本線)えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン

(2008年7月2日作成,2015年12月5日最終更新)

第3セクターえちごトキめき鉄道 日本海ひすいラインへ戻る

JR線 北陸本線(富山〜直江津)へ戻る


北陸本線 能生駅 2001年6月3日 OlympusCAMEDIA C-360L

 能生駅のローマ字表記は「No(oは長音記号“^”付」.しかし,北陸自動車道能生インターチェンジは「Nou」と表記する.



北陸自動車道 能生IC 2008年10月27日 NikonCoolpixS600

 北陸自動車道能生インターチェンジの「Nou」表記.(2009年9月14日記述)



国道8号線 能生交差点 2008年10月27日 NikonCoolpixS600

 国道8号線の「能生」交差点のローマ字表記も「Nou」.(2009年9月14日記述)



北陸本線 能生駅 2001年6月3日 OlympusCAMEDIA C-360L

 窓口営業時間は7:00-17:50.これは2008年7月現在も変わらない.



北陸本線 能生駅 521M 2002年11月24日 OlympusCAMEDIA C-360L

 撮影当時の能生朝一下り普通列車は,特急「しらさぎ」用のパノラマグリーン車組込み485系で運転されており,先頭のグリーン車も開放されていた.写真は2番線に入線するシーンだが,パノラマグリーン車は特急運用で富山以東に入る定期運用はなく,この普通列車だけだったことなどを考えると,かなり貴重なショットである.なお,当日はグリーン車は貸切状態だった.(2008年7月27日記述,2009年6月26日部分修正)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 3セク化後も国鉄時代(1969年完成)からの駅舎がそのまま使われている.宿泊室なども兼ね備えたかなり大きな駅舎であるが,職員の宿泊などは行われていない.(2015年12月5日記述)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 昼間は出札が開く.JR西日本時代からの施設をほぼそのまま使っている.(2015年12月5日記述)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 上り,下り各ホームへ上がる案内板だが,上りは「糸魚川 富山方面」になっているが,オリジナルは「糸魚川 金沢 大阪方面」だったと思われる.下りは「直江津 新潟方面」になっているが,最も下のシール貼りされた部分には「東京」が入っていたはずである.(2015年12月5日記述)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 能生駅の糸魚川方にある,線路をくぐる通路.写真左が糸魚川方になる.(2015年12月5日記述)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 前掲の通路入口脇にある「お願い」看板.自動車が衝突した際の連絡先がJR西日本のままになっている.市外局番076は金沢市域のようであるが,開業後しばらくは運行管理,指令業務はJR西日本金沢総合指令所が業務を委託して行うことから,このような表示のままになっているらしい.(2015年12月5日記述)



日本海ひすいライン 能生駅 2015年9月22日 Nikon Coolpix P7700

 能生駅が現在地に移転,つまり北陸本線の当駅周辺区間を移設して開業したのが1969年だが,この橋りょう部分は1967年に竣工している.(2015年12月5日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system