TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

奥泉駅 井川線

(2012年12月12日作成,2013年5月21日最終更新)

民鉄線 大井川鐵道・井川線へ戻る


井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 奥泉駅から階段で上がった場所に「駅前ロータリー」と言える場所がある.竪穴式住居風のものは公衆トイレ,その手前に大井川鐵道バス停がある..(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 駅構内への入口.写真奥が井川方になる.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 ホームは島式.駅舎側の番線で7:25まで発車を待つ当駅始発の千頭ゆき列車.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 駅舎待合室内.出札窓口は1箇所で,硬券乗車券も設備されていた.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 大井川鐵道金谷駅まで2,120円という驚きの高額運賃である.金谷までの営業キロは47.0キロ,JR本州3社の地方交通線運賃を当て嵌めると,950円区間ということになり,単純計算でJR運賃の倍額以上になる.新幹線経由の連絡運輸は,東京は「東京都区内」だが,新横浜は「横浜市内」にならない(金谷〜横浜間の営業キロが184.1キロで201キロ未満のため).(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 駅舎側が「1番のりば」,反対側が「2番のりば」となっている.ホームの駅員が時計を確認していた.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 千頭方の出発信号機は2灯式で両番線に対して設置されていた.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2012年11月30日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 奥泉を発車した千頭ゆき車内.車掌は1人乗務で,編成の最後部に乗り,客用扉(手動式)を開けて安全確認を行っていた.(2012年12月12日記述)



井川線 奥泉駅 2013年5月8日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 10:47発の千頭ゆきが到着.左の改札までの通路だが,商店の箱などが積んであり,半分以上通路を塞いでいる(後述).(2013年5月21日記述)



井川線 奥泉駅 2013年5月8日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 旅客用扉を開けて車掌が安全確認を行いながら上り列車が発車.(2013年5月21日記述)



井川線 奥泉駅 2013年5月8日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 11:01発の下り列車が到着.井川方先頭車は運転台の付いたクハ600形.運転台はほぼ中央に設置されている.(2013年5月21日記述)



井川線 奥泉駅 2013年5月8日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 改札付近から見た構外への通路.写真右に商店の空き箱などが写っているが,相当に通路を塞いでおり,感心しない.写真の「1L」表示がある信号機は下り本線の上り出発信号機.(2013年5月21日記述)



井川線 奥泉駅 2013年5月8日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 改札〜構外通路の商店.空き箱だけでなく,一部商品も陳列.(2013年5月21日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system