TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

桃花台東駅 桃花台新交通桃花台線

(2014年7月15日作成,2014年7月15日最終更新)

民鉄線 桃花台新交通桃花台線へ戻る


桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 桃花台新交通の終点,桃花台東駅前より撮影.正面の白壁建物が駅舎でホームは橋上,島式ホームのホームドアなどがそのまま残っているのが分かる.写真左が小牧方.駅前に写っているバス停はあおい交通のもの.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 前掲写真のあおい交通バス停は「大城(おおしろ)」という.しかし,この写真奥の名鉄バス停名は「桃花台東」である.あおい交通の方は駅側の県道195号線上の駅最寄バス停を「桃花台東」と名乗ったことから駅前バス停名が異なるものになったらしい.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 バス路線図.桃花台⇔小牧・春日井バス路線図とあるが,橙色の路線は高蔵寺駅に向かうものである.他に名鉄バスセンターゆきの高速バス路線もあり,桃花台ニュータウンから鉄道駅へは4駅(高蔵寺,春日井,小牧(小牧原含む),名古屋駅(名鉄バスセンターは実質名古屋駅))へのバス路線が伸びる.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 県道195号線脇にあったニュータウン地図.非常に分かりづらいが新交通も表示されていた時期のもので,地図右上「現在地」が桃花台東駅の北側,そこから左(西)へ延びる灰色の太線が新交通で,地図左の青い池の箇所で下(南)に曲がり,地図左下へ延びる道路に沿って小牧へと続いていた.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 桃花台東駅前から北西方向を見ると新交通に対してほぼ直角に中央自動車道がくぐっている.写真中央に高速バスの「桃花台」下りバス停標識が写っており(左上に拡大),このバス停からも高速バスで名古屋方面等への交通手段がある.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 桃花台東駅の裏側(北側)を写したもの.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 桃花台東駅北側の県道195号線上より新交通終端部を写したもの.写真右の駅から車両は高架のループ線を回って方向転換する運用が採られていた.当駅が終点だったが計画では暫定であり,ここから写真奥の高蔵寺駅まで延伸する計画があった.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 終点だったため編成を転回させる高架ループ跡.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 ループ線跡の下にある交差点は「桃花台東駅前」という.そこをちょうど信号待ちする桃花台東バス停始発の名鉄バスセンターゆき高速バス(名鉄バス).(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 ループ線の橋脚.銘板には「1984年3月/愛知県建造/新交通設計指針/使用鋼材(略)/製作:三菱重工業株式会社」とある.桃花台線の開業は1991年3月で,製造から7年もの隔たりがある.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 橋脚には塗装記録表というものも残っていた.「塗装年月 平成12年2月/塗装会社 木村工業(株)/塗装面積 157m2/塗料材質(略)/塗料製造会社 日本ペイント(株)」とあり,桃花台線廃止(2006年10月)の6年前(2000年)に最後の塗装をしたらしいことが分かる.(2014年7月15日記述)



桃花台線 桃花台東駅 2014年7月6日 Nikon D200 Ai Nikkor 24mm F2S

 駅東側の駐輪場には雑草が生え始めていた.駅終端部は高蔵寺方面へ延伸させる準備として本線部分の橋台が設置され,ループ線はその本線部分を遮らないよう,両脇に逸らせて分岐させていた構造が分かる.(2014年7月15日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system