TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

滝上駅〜田峯駅 豊橋鉄道田口線

(2012年12月25日作成,2012年12月25日最終更新)

民鉄線 豊橋鉄道田口線へ戻る


 このページでは豊橋鉄道田口線の滝上〜田峯間の旧線跡について,探索した写真を紹介します.

引用・参考文献.宮脇俊三編著「鉄道廃線跡を歩く 失われた鉄道実地踏査60」,JTB,1995.
小早川秀樹著「青春のアルバム 豊橋鉄道田口線」,自刊,2006.
豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 田口線滝上(たきうえ)〜田峯(だみね)間にあった約1,500mの稲目トンネルは同線廃止後に拡幅して県道389号(富栄設楽線)として供用された.写真は滝上側のトンネル入口.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 訪問当日の夜11時から,翌朝5時にかけて稲目トンネル通行止の予告がされていた.このトンネルが使えない場合の迂回路は国道257号線等になるが,かなりの迂回をしなければならない.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 田口線の「稲目トンネル」は清崎開業の1930年(昭和30年)に完成したものと思われるが,県道となった「稲目トンネル」の銘板には1979年3月と入っている.しかし,1979年3月竣工という書き方がなされていないことから,あくまで鉄道トンネルを拡幅した,というニュアンスを残した銘板と思われる.

 道路トンネルとしての延長は1,510mとあるが,田口線の稲目トンネルは1,511mという資料もある.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 稲目トンネル内部.断面は天井の天頂部が妙に高く,側壁部が妙に垂直に近い印象がある.鉄道トンネルだった断面を生かした名残なのかもしれない.写真は田峯側から本長篠方を見た構図.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 田峯側のトンネル入口銘板.やはり「1979年3月」の右側がぽっかりと空白になっており,ここに本来は「竣工」等の文言が入る気がする.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 田峯側入口.北向きのためか,ポータル等はかなりコケが生えている.(2012年12月25日記述)



豊橋鉄道田口線 滝上駅〜田峯駅 2012年10月24日 CASIO EX-ZR10

 トンネルの田峯側出口付近にあった稲目トンネル開通記念碑.道路トンネル開通時と思われる愛知県知事名は入っているが,開通年等は入っていない.やはり鉄道トンネルを拡幅したという歴史が見え隠れする.(2012年12月25日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system