TOP更新情報カテゴリ路線別列車別鉄道サウンド切符リンク集岩手県の魅力当サイトについて撮影機材

451〜475系電車

(2009年1月15日作成,2009年6月16日最終更新)

列車別へ戻る


北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 ピンボケの写真で恐縮だが,クモハ475-41を含む金沢所(金沢総合車両所)のA14編成のうち,このクモハ475-41とモハ474-41(後述)は国鉄時代に車内をセミクロス改造するに当たり,ロングシート部の吊革支えとシートそのものを旧形国電の73系(最後は富山港線で活躍していた車両)の廃車発生品でまかなっているらしく,金沢所の475系ファミリー他車と比較して独特の形態をしている.写真は前位側.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 暗く,揺れる車内で撮影したひどい写真だが,モハ475-41の吊革支えは鋼鉄製となっており,ステンレス製の網棚フレームと異なる.また,他車では前位ロングシート部は戸袋窓部と窓一つ分だが,73系部品を流用して改造したクモハ475-41とモハ474-41では戸袋窓と窓2つ分がロングシートとなっており,定員が他車よりも4人分多くなっている.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 クモハ475-41.戸袋窓+座席窓2つ分がロングシートとなり,その部分に吊革が設置されており,吊革は前位の片側で10人分となっている.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 通常はボックスシート背もたれの上縁に取り付けられる鉛直の支柱だが,クモハ475-14ではロングシート座席脇にまで達し,他車の乗降ドア近傍のロングシート部のような構造になっている.そのため,ロングシート部のボックスシート側面に体を寄りかからせて座る,ということが硬い支柱によってできない.また,ロングシート部の座席が微妙に低く,足下(膝下)が狭い感覚になる.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 モハ474-41の後位方.Jの字方の鋼鉄製支えは片側2本ずつ.鋼鉄製とステンレス製パイプが混在している.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 これもモハ474-41の後位方.網棚のフレーム等は何もいじらずに「つけたし」の形で73系発生品部品を使って吊革等を増設したようである.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 前述のクモハ475-41,モハ474-41と編成を組むクハ455-302の前位側.この車両はロングシート部の吊革支え等はすべてステンレスポールとなっており,支持部材等を含め,前掲の部品とは大幅に異なる.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 クハ455-302では吊革支柱以外にもロングシート部分のみ網棚をまったく別のものに換装しており,右のオリジナルの網棚との間には大きな隙間が開いている.



北陸本線 553M 2008年4月17日 NikonCoolpix2500

 クハ455-302前位のロングシートとボックスシートの接合部.クモハ475-41,モハ474-41と異なり,隙間なく改造されているが,これが金沢所の475系ファミリーの一般的な内装である.

 以上,旧国73系電車部品を流用したA14編成について車内の一部を撮影したものを掲載した.

 参考文献・山本宏之「JR西日本金沢総合車両所475系電車の現況」,鉄道ピクトリアル788(2007年4月号):64-66.鉄道図書刊行会,2007.



北陸本線 富山 520M 2007年6月29日 NikonCoolpix2500

 クモハ413-4の前面上部の方向幕部分はつらら対策として幕の機能を塞いではいるが,かつての抑えゴム形状が残された改造となっている.このクモハ413-4を含むB04編成は米原方にクハ455-701を連結しており,ドア位置とドア構造が直江津方の2両(413系)と米原方の1両(455系)で異なる.このようなちぐはぐな編成はこの他にB11編成のみとなっている.(2009年1月23日記述)



北陸本線 富山 2007年6月29日 NikonCoolpix2500

 国鉄急行色に戻したA19編成.手前はクハ475-46だが,クハにも側面下部から前面にかけて,60Hz用を意味する裾帯が入れられていた.(2009年1月23日記述)



北陸本線 富山 2007年6月29日 NikonCoolpix2500

 クモハ475-46の後に続くのはサハ455-4を組み込んだA03編成.(2009年1月23日記述)



北陸本線 富山 2007年6月29日 NikonCoolpix2500

 北陸本線の475系列では,サハは必ずモハとクモハに挟まれる形で運用されている.急行型電車の「サハ」が残るのは北陸本線のみであろう.ちなみにサハ車に乗って北陸本線を旅すると,前後4両のモハ(クモハ)にサンドイッチされるため,北陸トンネルや頸城トンネルといった長大トンネル内ではそれらのモーターの唸りがちょうど響き渡る位置となり,壮絶なるMT54サウンドに包まれる.(2009年1月23日記述)



北陸本線 糸魚川 578M 2008年1月6日 NikonCoolpix2500

 6両総国鉄色編成.6両編成でもサハ455は組み込まれず,クハが2両付く形になる.(2009年6月16日記述)



北陸本線 浦本 578M 2008年1月9日 NikonD70 AiAFNikkor28mmF2.8S

 6両編成の富山行き.整然と並んだ窓が急行型の貫禄を保っている.(2009年1月23日記述)



ページの先頭へ戻る


アビエスリサーチ トップへ戻る

inserted by FC2 system